ドライブ 子連れ

酔ったときには

クルマの中で酔ったときにはなるべく早めにクルマを停めて気分を入れ換えるか、もしくは窓を開けたりするのも効果的です。しかしそれでも大人ならいいのですが、子供がクルマで酔ったときにはもっと別の方法も考えなければいけません。

 

子供は我慢できない体質の子も多いために、酔ったときには大人よりも早めに酔いをさます方法を見つけることがなによりも大切なことです。子供は大人よりはいろいろな部分が未発達ではあるものの、逆に大人よりも敏感な部分があったりもしますから、こうした身体の異常には気がつきやすい場合もあります。ですから子供がクルマに乗っているときに酔ったときには、まず大丈夫かを聞いて、窓を開けたりビニール袋を用意するなどの対策が必要になります。

 

それ以外にも前述の通り窓を開けて風を入れ換えてみたり、ルートを変更できるのであればスピードを上げたり下げたりがあまり無い道を通ったり、アップダウンの少ない道を通るようにしたりと言う対策も取ることが出来ます。なので、クルマを運転している大人がそうした子供のクルマ酔いに対しての出来る限りの対策を、子供がクルマに酔ったときには取れるようにしておくことがこうした事態には大切です。

酔ったときには関連ページ

クルマ酔いの対策グッズ
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
運転のしかた
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
クルマ酔いの対策法
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
クルマ酔いへの訓練
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
クルマ酔いの予防
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
クルマ酔いの原因
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
クルマ酔い予防グッズ
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
クルマを使わない
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。