ドライブ 子連れ

ゲームの仕組み

車のゲームの仕組みは、基本的に背景が動くように設計されてきました。しかし、現在はそのような作りをしないようになっていますね。
車のゲームが開発された当初は2Dでしたから、基本的にゲームの仕組みとしては背景を動かすのがデフォルトでした。そのほうが楽に描画出来る上に、処理も簡単でしたからそれでやっていました。しかし、3Dに近いゲームが開発されるようになり、背景を動かすだけの仕組みでは追いつかなくなって来たのです。そして、本格的に3Dになった今現在は、実際にモデリングされているところを走らせるような仕組みになっているでしょう。もちろん、全てのゲームがそのようになっているわけではありませんが、多くの車のゲームはこのように実際に走らせることで臨場感を出すことが出来るようになりました。

 

現在の車のゲームで求められているのは、背景や車のリアリティーが求められていることが多いですね。特に、3Dのゲームの実際にある車を使用する場合は、かなり求められているでしょう。普通のゲーム好きなどが気付かない車の細部まで表現されているかが重要になっていることがありますね。
このように、車のゲームは、良い仕組みで制作されていないとダメでしょう。現在の状態で2Dをやっても売れていないように、車のゲームの仕組みはかなり良い物でないといけません。

ゲームの仕組み関連ページ

リアリティーがあるゲーム
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
アクション性が高い
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
背景が良い
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
自由度が高い
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
コントローラー
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
スピードを重視
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
レースだけではない
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
フリーゲーム
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。