ドライブ 子連れ

クルマに乗っていて起こるトラブルのひとつが「クルマ酔い」です。このクルマ酔いはクルマに関する車内の戸あらブルにおいて非常に多く起こっているものであり、それは大人にかぎらず子供においてもおなじく起こりやすいトラブルのひとつとして挙げられています。子供は早い場合ですと3歳から4歳くらいにかけて三半規管が発達してくるために、そのころからクルマ酔いになる可能性も出てくるのです。そして症状が悪化するのも早く、これはデリケートな子供ならではであります。クルマ酔いは頭痛やめまい、吐き気からはじまり、嘔吐や縁、ひどいときには脱水症状などを引き起こす事もあります。これらを防止するために、子供が酔って来たと思ったら窓を開けてクルマの中の空気を入れ換えたりしましょう。それからもどしそうなときのためにエチケット袋を用意しておくのも余計なトラブルをふやさずに済みます。あまりにもひどい場合にはサービスエリアやパーキングエリアで休憩を取るのも予定に組み込んでおきましょう。おもなクルマ酔いの原因としては、まず荒っぽい運転であったり、カーブのつづく山道を長い時間走っていたり、下を向きっぱなしの姿勢が原因だったりすることもあります。

クルマ酔いについて関連ページ

熱中症
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
長旅による「飽き」
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。