ドライブ 子連れ

子供を連れたドライブにおいて気をつけなければいけないのが「熱中症」です。熱中症は子供にかぎらず大人でも、とくにお歳よりを中心に夏の身体のトラブルとして毎年病院へと搬送されるニュースが後を絶ちません。大人でも油断をするとそれくらいの症状になってしまうのが熱中症であり、これが子供に起こることもけっして他人事ではありません。子供はとくにデリケートなために、身体のトラブルにかんしては大人よりも敏感であるといわれています。それに大人と違って免疫力もまだまだ弱いために、熱中症のほかにも昼から夜になるときの急激な気温の変化によって体調をくずしてしまうことも良くあります。そういった子供の熱中症をふせぐために、まずは日よけのためにカーグッズとしてサンシェードを窓に取り付けると良いでしょう。それだけでもクルマの中の温度を下げる効果があります。それから飲み物によって水分補給をさせることはとくに重要なことですから、飲み物のストックは切らさないように心がけましょう。そして駐車場などでクルマをとめるときにはなるべく日陰をえらんだり、長い時間クルマの中に居ずに外に出てすずしい場所に行くことも熱中症予防には大切なことです。

熱中症関連ページ

長旅による「飽き」
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。
クルマ酔いについて
子連れドライブは何かとトラブルもありがち。子どもと一緒にドライブを楽しむ秘訣をまとめてみました。